オリエンテーション
2011 / 05 / 28 ( Sat )
 Marimoのキンダーのオリエンテーションがありました。内容は1時間半くらい、子供達は4グループに分かれ、それぞれジム、粘土、クラウン作り、アルファベット&数字をマッチングする作業を各10分くらいずつしました。その後、図書館でストリータイムをし、最後は実際に使用するキンダーの教室に案内され、9月の面談の予約をして終わりでした。

  Marimoの学校の規模は小さいので、今日集まった子供達も35名くらいでした。4歳児は「日本語上達」を優先し、ローカルのプリスクール通学を一時中断したので、Marimoにとって、3歳児以来の「英語」の集まりです。「英語、ついていけるかな?」と少し不安はあったのですが、Marimoは臆することなく集団に入って、時には大声で笑って参加していました。むしろ緊張したのは、私の方だったようです(苦笑)

 夫も私も移民、ここでの「教育」のバックグランドはありません。だから、聞くもの、見るもの、全てが新鮮。それと同時に、自国と比べて戸惑いや不安もたくさんあります。それに加え、私の英語力、ちゃんと先生や父兄とコミュニケーションが取れるかしら??いろいろ頭で考えてしまいます。

 夕食後、Marimoは学校でもらった学習トートを広げ始めました。一つ、一つ、英語の本を読みながら嬉しそうです。そしてノートを取り出し、 今度はアルファベットを口に出しながら、書き始めました。
 「ママ、アップルは英語でどう書きますか?Aの後は何ですか?英語の先生に見せたいの!」

 どうやら、親が「不安」になっている暇はないようです。子供は柔軟、その後姿を見ながら、私が出来ることを、出来る限り、しっかり、サポートしてあげようと思います。
 

                   日本とは趣きが違うクラスルーム


            事務方


Topic:子育て・教育 - Genre:School

00 : 24 : 09 | 事務方日記 | Trackbacks(0) | Comments(0) | page top
| HOME | Next page>>