野鳥観察の巻
2014 / 11 / 23 ( Sun )
11月2回目の あそび! こども村では、
野鳥保護公園へ野鳥観察に出かけました。

この公園では、渡り鳥をはじめ色々な鳥が観察できます。
いつも遊んでいるエリアからはかなり離れた場所ですから、
お友達のお父さん・お母さんもたくさん参加してくださいました。
(ご協力 ありがとうございました!)

公園の地図と2種類の鳥のえさを準備して、
いざ 出発!

まずは 今回 見られるかもしれない鳥の種類を、
日本語のプリントで説明。

そして 日本では絶滅してしまったトキ
(現在中国からの輸入トキを保護活動中)についての本を読み、
どんな場所が鳥にとって住みやすいのかを考えました。

bird1.jpg

子供達がなんといっても楽しんだのは、
鳥達にえさをあげることです!

えさは公園指定のものを購入しました。

bird3.jpg

小さな鳥が手からひまわりの種を食べにきてくれます。

bird2.jpg

どんなふうに手をだしたら来てくれるのか?
隣に立っていても鳥が来る子、来ない子がいるのはどうしてか?
「あえてよそ見をしていたら来るのでは?」
「洋服に光沢があると来ない、茶色や黒だとよく来る」
「背が高いほうがよく来る」
など、色んな考えがありました。

鳥の針金のように細い足が、手に一瞬とまって、
また飛んでいく感覚は、
小さい小さい命を感じる瞬間でした。
18 : 10 : 22 | セッションの様子 | Trackbacks(0) | Comments(0) | page top
| HOME | Next page>>