もう少し....
2011 / 05 / 21 ( Sat )
 海外子育てをしていると、なおさら子供の「日本語」気になります。「せめて、実家の親とは日本語で会話が出来て欲しい!」とか「子供が拒否するまで、ずっと日本語学習は続けて欲しい!」とか...。日本に里帰りすれば、少しでもと絵本や教材を持ち帰ったりします。

 娘のMarimoは今年で5歳になります。ようやく「ひらがな」が読めるようになり、少しずつ自分の知っている「ひらがな」で、友達に手紙を書けるようになってきました。生意気に親に口答えも出来るようになってきました。毎日の少しずつの積み重ねで、「やっとこさ!」って感じです。

 今年の9月、2006年生まれの子供達はキンダーに入学です。これからは、月曜から金曜まで毎日みっちり学校になります。今まで週2回の学校生活だったMarimo、「やっとママのエクストラ時間が出来るわ!」と喜んだのも束の間、頭に浮かんだのは「日本語」のこと。「やっとこさ!」頭に刷り込んできた「日本語」の存在、フルタイムで英語環境になったらどうなるんでしょぉぉぉ?忘れ去られるのは、もしかして、あっと言う間???

 そんな同じような「不安」や「疑問」を抱えたママ達が、子供の好奇心を尊重しながら、「日本語」で遊びを造り出し、そこから学びを繰り広げられる環境(セッション)を作って、子供達の「日本語維持」をサポートしようと考え始めました。とは言っても、子育て進行中の私達、まだまだ毎日忙しい。夜中家族が寝静まった頃に、しーんとする部屋で皆一人カチャカチャとキーボードを叩きながら、セッションの開講に向けて、いろいろ準備を始めています(苦笑)

 皆さんにお知らせ出来るまで、もう少し....寒い雨のシーズンが終わると同時に、サンサンと降り注ぐ太陽の下、太陽のように明るいこども達と楽しく「日本語」を話せる日を夢みながら、今宵もPCの前で悪戦苦闘しています(苦笑)


                    Marimo の大好きな絵本

          事務方


 

Topic:日本語教育/異文化コミュニケーション - Genre:School

23 : 51 : 56 | 事務方日記 | Trackbacks(0) | Comments(0) | page top
<<お絵かき | HOME |
Comments
Post a comment














Only the blog author may view the comment.

Trackbacks
Trackbacks URL
http://asobikodomomura.blog.fc2.com/tb.php/1-095e10ae
Use trackback on this entry.
| HOME |