地震と防災の巻
2012 / 02 / 02 ( Thu )
 2012年、今年初めてのセッションのテーマは、「防災」でした。5歳児の子供達の目線で「防災」を考え、「地震」について、いろいろ話し合いました。

 いつものテーブルアクティビティーにも、「防災」に関連するグッズ、手回しラジオ、救急セット、懐中電灯、飯ごう、缶詰、ストッキングなどを置いてみました。皆、興味津々で手に取り、お友達と試していました。


 20120128


20120128


 ラジオ体操、セッション前の恒例の運動、寒い外から入室して冷えた身体も、ポカポカ温まりましたね。


20120128


 今日の本は、ロングセラーの絵本「しょうぼうじどうしゃ じぷた」、「防災」でも重要な消防車や救急車、たくさんの乗り物が活躍しましたよ。知っているお友達も多く、盛り上がりました。


20120128


 次は、「地震」について話し合いました。「地震ってなあに?」「地震はどうやって起こるの?」上手に説明してくれたお友達もいましたね。

 れいこさんが、「こんにゃく」を使って、「地震」の起きるしくみを実演。皆、プルプルしている「こんにゃく」に目が釘付け。食べたことはあるけど、初めて触ったお友達もいたかな?


20120128


 ドールハウスを使って、家具や人を入れて揺らし、震度の大きさも実験しました。「もし、上から落ちてきたものが頭にあたったらどうなる?」ドールハウスも大変なことになっていたね。


20120128


 今度は、みんなが自ら「地震」を体験する実験。ワゴンに入って、外から人が揺らし、揺れを体験。トレイに物をのせて、揺れた時にトレイのものが落ちることも分かりました。


20120128


 「地震」のことが分かったら、今度は、どうやって「地震」から避難すればいい?地震がきたら、テーブルの下に入る、騒がずにゆっくり60数えるまでじっとする、大人の指示をよく聞く、窓の近くから離れる....皆、真剣に確認して、実際に避難訓練もしました。 間違ったテーブルに逃げちゃった友達も、皆で呼んであげましたね。「助け合い」も大切なことなんだよね。騒がず、落ち着いて、頑張れましたよ!


20120128


 今日の作業の課題は、「地震で家が壊れて住めなくなってしまったとしたら?避難所は体育館、屋根はあるけど他には何もない。 役立つ物、大切な物を3つだけ リュックに入れて自分で持って行くよ。何を持っていくかな? 絵に書いてみよう!」皆、真剣に考えて描きました。


20120128


 描いたものを、皆で発表です。お友達の発想に、「そうか~、なるほど!」感心させられましたね。


2012012820120128



 「ぐるりんタイム」は、ちょっと「防災」から離れて、和やかに、「おもち」や「相撲」のお話。相撲あそび ・指相撲・足相撲、小さい子も元気な力士になって、張り切りました!



20120128



 「防災」は、とても大切なことですね。子供達は、ちゃんと分かっているんだな~と実感したセッションでした。


参加してくれた子供達の様子をスタッフの目線からレポートします(以下)

れいくん

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」の本、れいくんも持っているんだね。「それ知ってる!持ってる!」って何度も教えてくれました。大切な物の絵、周りのお友達はどんな物を描いているのか、とっても気になったね。れいくんが選んだのは、トランシーバー。「みんなとお話しできるから」と教えてくれました。DONNAちゃんと気が合ったようね。机の下ってなんだか楽しい所だものね。すごく楽しんでいるれいくんの顔が印象的!

えびちゃん

入室してから、すぐテーブルに向かい、作業に黙々と取り掛かれました。お友達の長いお話、いつもずーっとしっかり目を見て聞いているね。聞いているから理解してるんだな、って思うよ。大切な物「本、椅子、水」どれも持っていく理由がしっかりしていたね。水筒とふたを開けれない時、指を怪我しちゃった時、ちゃんと周りの大人にお願い出来るのはすごいなって思うよ。

バナナちゃん

地震がどうして起こるか、よーく分かっていたね。こんにゃく実験の前に、ちゃんと手で地面と地面の動きつきで現象をを表現してくれたね。大切な物の絵の中には「寝袋」、これがあれば、あったかく眠れるもんね。
「寝袋」を知らないお友達にも、どんな物なのかちゃんと説明してくれました。お話がとっても上手なバナナちゃんです。ぐるりんタイムでは誰と足相撲、ぐいぐい力強く押してれいさんは倒れてしまいましたー。いつもお友達がお話していると、ちゃんと目を見て聞いているね。

せなぽんくん

避難訓練では楽しみながらも、物事に真面目に取り組むせなぽんらしく、顔が真剣でした。とくまるくんと一緒に、ささっと机の下にもぐれたね。DONNAちゃんが違うテーブルに避難した時、「DONNAちゃーん、こっちにおいでー」って、心配して声をかけていたね。大切な物は、3つ以上の物がたくさん頭に浮かびました。
地震体験も自分で上手におぼんをもち、しかも頭をしっかり亀のようにかかえて守っていたね。

てぃってぃちゃん

大切な物に描いてくれた一つに「トランシーバー」。「だって、お友達とお話し出来るから。お友達とお話出来たら、寂しくないから!」と教えてくれました。大きいぬいぐるみと小さいぬいぐるみ、どういうぬいぐるみかすごく丁寧に説明してくれたね。すごくすごく大切なものなんだな、って思ったよ。2回目のセッションも、笑顔で、お友達とも仲良く過ごせましたね。

DORIKUくん

「山火事」という言葉から、ドラえもんのエピソードが浮かんで来たDORIKUくん。普段から言葉をしっかり捉えて記憶に残っているんだなぁと感心しました。3つの大切な物を持って行くのに 折り畳みの机。ただの机じゃないのがミソだね。折り畳んで逃げない時には広げて、そこに避難する発想がいいね。自分の玩具全部。「リュックサック3つ持ってるから大丈夫!」とちゃんと考えてるんだなぁって思ったよ。


DINOくん

「しょうぼうじどうしゃ じぷた」のお話をよーく聞いてくれていました。お話の途中にした質問、「この後ろにある車は何?」に、「救急車!」と一番に答えてくれたのはDINO君でしたね。
一つ一つのアクティビティに集中してたね。ばあばの住んでる日本は「地震の国」ってことを知っていたり、山火事のことも知ってるんだね。避難訓練の内容もよく理解してて、「リュックサックに3つの物を入れる」絵を描く時、ちゃんと歩いて避難している自分の絵を描いていたね。持ち物は「リュックサック、トランシーバー、懐中電灯」 ぐるりんタイムでは、「あいうえお」のお手伝い、ありがとう!

とくまるくん

こんにゃくで実験する時は、目がキラキラしてたね。もしかしたら切っていない「こんにゃく」を見たのは初めてだったかもしれないね。ぷるぷるする動きに笑いが止まらなかった、とくまるくん。
大切な物の絵、細かく丁寧に描いていました。テーブルになっている帽子、良いアイディアだね!地震体験も一番始めに勇気もんだったね。ケチャップのボトル、頭にゴチンって当たっちゃって、ごめん。。。それでも何度も体験したいから強いなぁ!って思ったよ。

きらちゃん

「ラジオ体操のストレッチ、本読みのジープ君可愛かった、キラキラ星を歌って『地震がきた!』って避難したこと、ぐるりんタイムが楽しかった!」って、コメントしてくれたね。大切な物の絵は「かぞく」、とてもきらちゃんらしい発想で感動しました。まず自分達が助からないとね。家族が一番だけど、その後から考えたのはオニンギョウ。 避難訓練では、「地震が来た!」の合図でさっと動かないといけないけど、走っちゃ行けない!難しかったけど上手に出来たね。

さぁちゃん

トランシーバーを体験するの、楽しかったね。お友達とお話は通じ合ったかな??持っていくもの、「かいちゅうでんとう」など、すぐに字でリストを出していたね。すごく現実的に何が必要か考えれるんだなって思ったよ。 しっかりとした大きな字で大切な物を書いていたさぁちゃん。「自分の本をどうして持って行くの?」という質問に、「だって退屈になった時に読めるから。」周りのお友達は「なるほど!」って顔をしていたよ。

Marimoちゃん

「今日は、地震のお話」とファシリテーターが話した時に、「どうして地震が起こるの?」とバッチリな質問をしてくれたMarimoちゃん。疑問を持つって、良い事だね。「どうして地震が起こるか」、分かったかな?いつも、ぴしっと真っすぐ手を挙げて、質問する姿が立派です。トランシーバーの絵、ひらがなの「は」からはじまる鳩の絵、Marimoちゃんの描く絵は、実物とそっくりだったり、特徴を捉えてるなって思うよ。

DONNAちゃん

こんにゃくが出て来て、「こんにゃく!こんにゃく!」って楽しそうだったね。地面が動くって分かったかなぁ...。本読みも、一番前でじっとお話を聞いていたね。今日は靴を脱いでいい時間があってよかったね。裸足、気持ちがいいものね。大切な物に、自分のぬいぐるみを描いてくれたDONNAちゃん。可愛いペンギンだったね。「だってDONNAちゃんの大事な物だから!」って、教えてくれました。避難訓練は、机の下に入ったのがドキドキワクワクだったかな?

Topic:日本語教育/異文化コミュニケーション - Genre:School

10 : 39 : 37 | セッションの様子 | Trackbacks(0) | Comments(0) | page top
<<食育の特別セッション | HOME | お友達にインタビューと人間時計の巻>>
Comments
Post a comment














Only the blog author may view the comment.

Trackbacks
Trackbacks URL
http://asobikodomomura.blog.fc2.com/tb.php/46-54ed7f89
Use trackback on this entry.
| HOME |