食育の特別セッション
2012 / 02 / 14 ( Tue )
 2月4日は「あそび!こども村」初めての試み、日本の佐世保からいらっしゃった愉快なマルチ看護師信子さんによる「食育」のセミナーが行われました。


20120204


  お陰さまで、お申し込みが相次ぎ、すぐに満員御礼、当日はたくさんの人にお越し頂きました。信子さんも、日本からいろいろな資料を持参して頂き、「食育」の大切さをお話してくれました。質疑応答の時間でも、カナダと日本の「食」の考え方の違いなど、普段疑問に思っていたことを皆さんシェアして頂けたのではないかと思います。


20120204



 休憩をはさんで、「節分」をテーマに、れいこさんが「鬼」の話をしてくれました。紙芝居も「鬼」のお話です。そしてメインの信子さんの人形劇は「泣いた赤鬼」、信子さんの温かみのある手作りの人形に子供達は真剣に見入ってました。音楽も迫力満点でしたね。


20120204


20120204



 皆で一緒に豆まきもしましたよ。お父さんやお友達が「鬼」になってくれて、みんなで大きな声で「鬼は外!福は内!」小さい子達も、お兄ちゃんお姉ちゃんに混ざって、大興奮でした。


20120204


 れいこさんに「大工と鬼六」の話を読んでもらい、最後は全員でカルタ取りをしました。この大きなカルタも、お母さん達の手作りなんですよ。ひらがなを覚えた5歳児も、まだ絵で取る下の子も、必死で取って、盛り上がりました。


20120204


20120204


 特別セッション、いかがでしたでしょうか?普段とは違う内容と会場でしたが、楽しんで頂けましたか?信子さんも、たくさんの素敵な資料を日本から準備し、運んで頂いてありがとうございます。優しい愛情溢れる出しもの、本当にありがとうございました!

 今回、信子さんが勤務されている幼稚園の子供達の写真を見せてくれた時の、子供達の一生懸命に写真を見る眼差しが、とても印象的でした。カナダで生まれても、こうやって日本の方と交流させてもらうことで、日本を身近に感じ、子供達それぞれの将来に何らかの役に立ってくれたら嬉しいなと思います。


20120204


 これからも「あそび!こども村」は、形式にとらわれず、皆さんのご意見や感想を参考にさせて頂きながら、楽しいセッションを目指して行きます。今後も、宜しくお願い致します!

Topic:日本語教育/異文化コミュニケーション - Genre:School

15 : 00 : 00 | セッションの様子 | Trackbacks(0) | Comments(0) | page top
<<月と雲の巻 | HOME | 地震と防災の巻>>
Comments
Post a comment














Only the blog author may view the comment.

Trackbacks
Trackbacks URL
http://asobikodomomura.blog.fc2.com/tb.php/49-d542e73d
Use trackback on this entry.
| HOME |